検索結果:17件

フリーワード:
条件: 【分野】 【地域】 【製品・サービス】

松葉の緑が癒しを与えるお手入れ不要盆栽 J-和インターナショナル株式会社

くらし 東京23区 ブース:98

お手入れ不要で枯れることがなくいつまでも美しい姿で場を装飾する。無機質なので虫が発生することもなく衛生的に装飾する。BONSAIの聖地である大宮盆栽の伝統作法に則った人工物の盆栽になっている。(人工物の盆栽のようなものを扱う競合は中国の盆景の作法になっている。)置くだけで簡単に和の上質な雰囲気を醸し出す。生木盆栽は購入時に高額で手入れに高度な知識、技術、時間を要するが、当A-BONSAIは不要である。松葉の緑が鑑賞する人々に癒しを与える。

mDS/観光・地域活性基盤ガイドアプリ 株式会社夢現舎

地域資源 東京多摩地域 ブース:96

<製品ビジョン&コンセプト>地域住民・観光客と事業者をつなぐ地域情報プラットフォーム(地域情報DX化基盤)1.ジオメディアツール(場所とコンテンツを紐づけ情報提供)2.新型コロナ対策(三密を回避したサービス環境を提供)3.インバウンド対策(マルチランゲージ情報提供可能)4.既存コンテンツ活用(既存WEBコンテンツ/サービス利用)5.アプリとユーザーの共有(他ガイドに自動切替(*))<特徴・他社優位性>(*)mD-Signageグループアプリは、その場で情報提供しているガイドに自動切替(当社取得特許第679241号「アプリのインストール省略および利用者共有のシステム」技術利用)

オリジナルChatGPT-サイト効率化 クルージジャパン株式会社

GX・DX 東京多摩地域 ブース:30

独自サービスをChatGPTと簡単に連携!運用サイトに簡単に、ポップアップチャットが導入できます!社内外のカスタマーサポート、チャット、FAQ、商品説明など、ChatGPTが自然な言葉で対話型の質問応答が実現できます。ユーザーへのサポート対応、商品説明など、ブランディングとユーザーエクスペリエンスの向上のアップにつながります!・コミュニケーションの効率化・情報管理の効率化・プライバシーとデータ保護の確保・カスタマイズ可能なUI・ビジネスプロセスの効率化

東京産ワイン 株式会社ヴィンヤード多摩

地域資源 東京多摩地域 ブース:91

東京の中でも広大な畑で葡萄栽培しているのは弊社になります。0,7ヘクタールほどの畑で年間1から1,5トンほどの葡萄を収穫しております。東京にワイナリーは7つありますが、自社の葡萄を使用して年間3000本ほどのワインを作っているところは弊社のみになります。地域資源を使い、地域の事業者さんと共に、地域の発展を目指して活動しております。

ポリウレアのグローバルリーダー  ライノジャパン株式会社

GX・DX 東京23区 ブース:15

当社は、米国ライノライニングス社の国内総代理店として、ポリウレア製造用素材の販売とポリウレア派生製品の製造・販売を手がけています。新設した工場ではポリウレアシールドウォールをはじめ、ポリウレアに関連する製品の試作も行っています。 ポリウレアはとても広い分野に使用されるため、メーカーの立場として各種業態分野での実験や試験を相当数行っています。この点が同業他社と大きく異なる点です。特許関係も特許取得5件、出願中2件、商標登録6件、同申請中1件、実用新案2件と権利化に向けた体制を取っています。今後は産業界でのポリウレア製品の共同開発に期待しております。

子供達の笑顔で社会を元気に! 株式会社Future Protect

くらし 東京23区 ブース:107

豪華指導者・講師メンバーがラインナップ!

プロアスリートによるスポーツイベントの開催、
スポーツや健康および暮らしにかかわる専門セミナーの動画配信。
現役トップアスリートのサポート実績をともつ公認スポーツ栄養士やトレーナーを始め、多彩な分野より専門家が集結しております。

野球教室参加し放題、セミナー配信見放題をセットとして会員を募集中です、
年会費 9,900円(一月辺り900円以下)とリーズナブルな料金設定としています。

社会問題である子供達の体力、運動能力の低下に対する社会貢献活動でもあり、企画の存在意義は将来性の高いものです。

QRコードを使った迷子問題を解決する商品 株式会社プライムページ

くらし 東京多摩地域 ブース:108

<特徴>小型・軽量電子部品や電池不使用で衝撃や水に強いプライバシーを守る位置情報を通知できるペット情報を共有できるスキャンするだけで使えるお手持ちの首輪に通してつけるだけ/シールを貼るだけ小さな防水シールなので、色々なものに貼って使える<メリット>持ち主が探しに行かなくても連絡がくる可能性がある迷子が見つかる確率がグッと上がる!装着することで、愛犬マナーが向上し、災害時などでも同行避難がスムーズになる!所有者不明の落とし物の数を減らすことができる

3Dホームスタジオ3Dリングでメタバース 株式会社クロスワン

ものづくり 東京23区 ブース:75

<3つの特長>1:最先端3D撮影機器とアプリで僅か10秒で3D動画作成が可能2:3Dフィギュアのボデイー&ヘアースタイル&カラーの組合せは,10万以上 ヘアースタイルだけでも200種類以上 各種スポーツのボディーや結婚関連の民族衣装等多数あります。 オリジナルボディー作成も可能!3:マイ3Dフィギュアが,1万円以下で作成可能! 自社工場で,3Dフィギュア・クリスタルを瀬尾ぞしています。 迅速な納品・サポートが可能と成ります。

AIカメラ自動検知による業務効率化の推進 株式会社ガリレオ

GX・DX 東京多摩地域 ブース:17

「安心・安全」な環境保持のためセキュリティカメラ設備は、必要不可欠な時代を迎えました。5年前のカメラは、お客様の売上を増やすお手伝いができませんでしたが、AIの技術革新により信頼性と利便性が向上し、業務に役立つ設備になりました。こうした機器をより安くご提供することが当社の責務だと心得えています。また、正常に機能することが求められるシステムですが、予期しない故障や誤動作が生じた場合には、迅速な対応(オンサイトやリモートなど)によって復帰することが大切です。こうした考え方を当社の組織と人材育成に反映して、システムのご提案から施工、保守を当社スタッフが一貫してサービスを提供することに尽力しています。

空間認知を解決する、画面を見ない無人ナビ LOOVIC株式会社

くらし 神奈川県 ブース:SU03

①Google mapとの違い。 検索で目的地にに到着できるため、目的地に迷わずさっと到着することのため、当然ナビだけであり、ガイド要素はない。 これに対し、LOOVICは目的地を設定すると、その場所世界一詳しいという人が、その人の個性に合わせてガイドをするコンセプトである。②従来のARマップとの違い。  従来は主に観光用で使われることが多かった。画面を見ないナビなので、利用者にはサービスへの信頼が強く求められる。 本事業は観光というよりはWell-being目的で開発されていて、景色のみの案内に地域を知る人が直接コンテンツ提供をする歩きたくなるを引き出すためのサービスである。

地域の魅力を瞬時に伝える地図型SaaS ジオ・マーク株式会社

地域資源 東京23区 ブース:88

観光事業者のほか、電鉄会社、交通事業者など、地域の観光消費を向上したいと思っている方々に対し、観光地としての認知を高めるメディアとして、地域オリジナルのデジタルマップ構築を叶えることができます。スマホのGPSを検知してイラストマップ上で閲覧者の位置が表示されるので、実際に現地を訪れた観光客の周遊を促し、観光消費を促進することができます。デジタルマップの構築過程においては、地域が既に保有するイラストマップ、ガイドマップという観光資源を簡単にアップロードして作成いただけ、スポットマーカーの登録や多言語対応がクラウドツール上で実施でき、地域の様々な関係者で分散管理いただけることが特長です。

多世代・多目的スペースで地域力向上 株式会社Office Breath

くらし 東京多摩地域 ブース:117

赤ちゃんから高齢の方まで利用できる地域のコワーキング・カフェ・レンタルスペース。子育て支援や働き方改革、学習支援、創業支援、孤立・孤独対策、地域防災にも繋がっています。こども向け、高齢者向けなどと施設を分けないことにより、横断的な利用、交流が生まれるのが特徴。徒歩圏内にひとつほしい施設として、今後は企業や行政に地域スペースづくりの提案を行ない、運営ノウハウも提供していきます。

非電力による新しいあかりの選択肢 株式会社humorous

リーディングプロジェクト 東京23区 ブース:リーディングプロジェクトエリア

本年の東京都多摩リーディングプロジェクトに高輝度蓄光による歩行者の夜間安全ソリューション「ナイトコンシェルジュ」が、採択されました。
年内に多摩エリアで実証を行う新型プロトタイプモデルの展示を含め、暗闇における新しいあかりの選択肢を現物とともに展示します。

展示物参考ページ
https://humorous.jp/nightconcierge

MOBILE SS HINOHARA カエルム株式会社

リーディングプロジェクト 東京多摩地域 ブース:リーディングプロジェクトエリア

・モバイルソーラーステーション
EVは移動できる蓄電池としても機能するが、発電パネルまで搭載しているものはない。発電と蓄電を1つの車両で行うことで、どこにでも移動し設置が可能な再エネシステムを作ることができる。

・二次交通用小型EV
現在軽自動車のEVは国内メーカのものでは種類が少なく選択肢が少ない。今回採用するEVは国内販売を検討中の車両(未公開)で軽自動車よりさらにコンパクトになっており、細い路地や生活道を無理なく移動できる。また、移動そのものを観光資源化できる可能性もある。

条件を変えて検索する

閉じる